LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

Follow

立憲民主党代表記者会見 ウクライナ・キエフを想ふ泉健太 2/25

LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

2022/02/26 01:27

Follow

「今日は悲しい日です」と切り出した泉代表。国連もそう言いました。



↑キエフ 京都公園の桜


話題は当然、ウクライナのことであります。キエフ郊外も砲撃を受け、空港は封鎖されてしまいました。私は知人でこの記者会見に最初に連れてきてくれた田中龍作さんのTwitterや記事を見ています。砲撃の音も身近に聞こえるようで、とても心配です。

立憲民主党ニュース
★呼びかけ(動画あり)★


<筆者が見ている報道は>
田中龍作ジャーナル(現地より):https://tanakaryusaku.jp



↑田中龍作ジャーナルから




↓特にこの方、豊島晋作さん。ロシアにお詳しく、ロシアのこれまでの内戦を含む戦争の歴史を解説。


↓苫米地博士も発信を行っていたようです↓入会が必要でまだ見ていませんが。


**********


冒頭、泉代表はロシアの詭弁への怒りを顕にし、ロシアの姿勢に対し
「交渉協議のテーブルにすぐに戻るべきだ」と強く非難しました。


また、今日は車椅子の議員を横に伴い
「オリンピックの間は停戦することにはなっているが、パラリンピックが無視されているのも同じ。人権侵害の範疇である。」と指摘。

続いてロシアの外交姿勢について「ロシアの、このようなやり方(独立承認・及び国境を超えた侵攻)は今回が初めてではない。」

「そもそも、そんなロシアに安保理の常任理事国として、資格があるのか」と、
今後、ロシアが国際的地位を失うであろう行動内容であることを告げ、厳しい態度を示したました。

・・・無いよね。
(この後、大使館前に行ってみた)


↑今は武器輸出反対に特化する、元緑の党の広報、杉原こうじさん。プーチン来日の折も林克明さんと共に、「残酷な空爆をやめろ!」と外務省前で市民の意思表明を行いました。林さんは特にモスクワにいた事があり、色々知っていて著書も著している為、プーチンはそれなりに萎縮して温泉にも入らず、逃げ帰りました。



また、泉代表はいち早く、広大なロシアに経済制裁を世界が加える事で、エネルギーの供給や、レアメタルの入手困難など、様々な物価の高騰や食糧・産業的な問題なども出てくるし、株価の急落なども考えられ、世界の国々が、それぞれに気を利かせて連携する必要があると注意喚起しています。


**********

泉代表は24日、野党第一党の党首として米国大使館のラーム・エマニュエル駐日大使らと会談を行っています。

ここには書かれていませんが、代表のTwiterに示されていたことには、

「ロシア産化石燃料のに頼らなくて済むよう、米国の増産体制について確認。大使は理解を示し、米国が今後増産に向かう旨の意思表示あり」

とのこと。感謝。石油はますます、値上がりするってことですね。
日本政府は民を救う気がないようですが。そこで泉代表、早めにラフに、相談したりして。

イカす。

アメリカ、頑張ってほしい。アメリカに出来る良いことは世界で最大のことだ。

日米は民主主義の成功例として、やはり地球人類をあるべき姿に牽引しなきゃいけない。
地球人類でない者たちにここ2-30年、邪魔されているけど。。。

その為には早く、腐敗を是とする隷続の毛細血管を、他国の政府要人に張り巡らせる、ロシア帝国病から抜ける事だ。今回のことは良い機会である!!目が覚めただろうから。。。



ドイツは天然ガスのパイプラインを塞ぎ、制裁としています。輸出項目には、石油も結構あるんですよね。欧州の国々にとっても、ロシアは穀物庫。ロシアの上空のこともありますし、戦争は残虐で悲しいだけでなく、本当に世界の国々が、機能不全で困ってしまいますよね。


威勢を示したい我儘宇宙人め。


早期に話し合いで解決する必要があったのですが、こんなことをしてしまって、ロシアやプーチンが普通に国際社会に復帰できるとも思えず、地球を壊すまで突き進む事なく、内部クーデターでTOPを急いで取り替える以外は、恐らく救われる道がない、のではないかと思いますけれども。


けれども、それで解決するのだろうか?
プーチン絞首刑怖くてヤケを起こすと、チェルノブイリをぶっ飛ばすのかな。
それって自分達も死ぬでしょう??本当によくわからない。
宇宙人だからそんなことを考えるのでは??




ポツダム宣言後の北方領土空爆といい、とにかく恒常的に嘘つきで約束が約束にならないお国柄、交渉内容は卑怯すぎてお話にならない。世界最大の帝国の王として、誰も彼も一息で吹き飛ばし、相手の自国を内政崩壊させてやるぞ、と鼻で笑うだろう。


昔、騙されてモスクワに行った小沢一郎氏。結論は、
「ロシアは領土を返した事は一度もない、そう言う国だ。」との事。


しかし、ロシアの技術に追い付かせるようにインテリジェンスを磨いてきた米国は今回は実情と方向性をしっかり掴んでいる。位置把握に思考盗聴、情報戦の読み解きなど。当たり前だ。呆れるほどに研究してた。アメリカは大統領府に必ずロシアのスパイが居ると言う。それなら多分、大統領にも本当の技術力は教えないんじゃないのか。(笑)


🔷2月2日泉代表は先日ウクライナの大使から訪問を受けていました。

かねてよりウクライナと交遊のある泉さんを頼って来たのでしょう。首都キエフと京都は姉妹都市。




▼因みに、1月27日、日経新聞ではこのような報道があります。

超党派日本・ウクライナ友好議員連盟。会長の方は自民党の方ですが、泉さんは副会長です。

ウクライナを巡る憂慮すべき状況の改善を求める決議案」

これは泉さんたちの発案だったのですね。気がつきませんでした。
泉さんは党派に関わらず必要なことに対して素早く動いているようですね。


また、国会内で世界を意識した、素晴らしい動きをしていると思います。
その平和的な観点からの行動力は讃えるべきだし、周囲が支えてあげるべきです。

↑2015年、3人の議員でウクライナを訪問。


改めて、記者会見の中で話されていましたが、泉代表は、日本・ウクライナ友好議員連盟(自民党の森英介氏が会長)3名で彼の地を2015年9月に訪れているんですね。首相とも面会したと、思い出深い様子でした。


選挙区の京都が姉妹都市である他、キエフにある京都公園の整備の為に、親書を持って、庭師・石工を京都市から派遣したという友好の軌跡もあるということで。(なかなか夢のある政治をしてきたのですね。)



ウクライナは核も手放している平和的民主的国家のようです。そしてチェルノブイリ原発事故の経験がありますね。お互いが大国に隣り合っていることも共通項として捉えていて、立場の似通ったことを念頭に視察しているようです。

       <なるほど、今がその時、というわけですね>



※この議連は1995年ー結成。
初代の会長には林芳正氏(現外務大臣)のお父さんで, 宏池会, 宮沢派の大先輩である林義郎先生 にご就任いただいて, 発足することになった、とあります!



 【ありえない蛮行、許せない、核を口にする事も許されない】

今日の記者会見で、泉代表はきっぱりと言い放ちました。


(動画は記者会見前編です)


翌日も動画メッセージを作成。徹底的に平和的な方法ですが、誰よりも行動が先に来る泉さんのメッセージは非常に強い。飛んでいって助けてやりたい、と言うのが本音でしょう。




泉さんは2016年の衆議院議員補欠選挙でも、支援者の中で「平和希求」について決して笑わず、決意を述べています。それがどんなにシビアな事かわかっているという事です。



比例復活で受かった議員の座を潔く捨てて、小選挙区勝利者の席を手にした2016年当選直後、それでも尚、彼は屋外でインタビューを受けている時、少しも笑っていませんでした目標は地位や権力に喜ぶ事ではなく、こういった災害や、領地侵略や、世界の平和や、気候変動対策、、といった、1日も早く、的確な措置をしたいのでしょう。


翌日の党大会でも高らかに宣言。「立憲民主党は、野党の役割を徹底的に追求し、政権選択肢として成長しながらも、権力者のルール違反、横暴と許さぬ政党である」と定義し、ハッキリとロシアを批判する事で、共産党とは一線を画し、人権を重視する護憲政党である事を、しっかりと方向づけました。


党大会動画(中程に代表挨拶があり、その後幹事長から予算説明があります)

書き置きし記事

▼泉代表は党で早急に対策会議体を作りました。
苦手だった外交防衛問題にディープに取り組んでいくチャンスですね。

▼あの残忍な入管に、ウクライナからの移民の検査無しでの受け入れを承知させました。


▼全国に仲間が及ぶ泉健太代表の影響もあり、日本人からウクライナへの寄付は6万件20億と高額に及びました。


私も色々、資料を見ていますが、プーチンの詭弁グセには目眩がしそうです。彼はKGBの長官から首相、大統領になって長いですが、物ごとや自分たちのしてきたことと真逆の嘘を流布する習慣があります。








内政と警察を牛耳る創価学会と、森プーチンに洗脳された安倍ちゃんの元で、この影響は甚だしく、暗殺の囁かれた小渕恵三内閣以降、清和会政権となってからプーチンと連帯するから、創価学会通じて警察と内政に干渉されつつ、異常な事態に発展。


中国勢力の、内政への干渉も進み、日本も何もかも真逆な政治や、真逆の人事評価、価値の無価値化や、存在の否定という習慣がはびこってしまっています。腐敗をどこまでも許し、ご褒美に儲けさせてやり、情報公開もどんどん不能になり、このままでは、民主主義国家自由経済の力強さや、巡りの良さは社会に活かせません。この鎖こそ、断ち切るべきなのです。


もう、日本も世界も、各組織も無茶苦茶ですが、良心の一人一人が、お互いを支え合わないと、もたないんじゃないでしょうか。個人の意地は横において、より、イノセントな動機に寄り添う必要があるように思いますが、何も私だけの話ではありません。


皆さんもそうするべきだと、私は思うんです。心から。




もう、見てくれましたか?スティーブン・スピルバーグのウエスト・サイド・ストーリー。

新自由主義による再開発によって荒れる街や人、移民同士、弱い者同士の小競り合いを新たにテーマにした傑作です。たった3日間のお話なんですね。

ジョージ・ソロスのように、ロシアやナチスドイツの牢屋から逃れてきたユダヤ人やポーランド人の子供達、ジェッツ団。いわゆる出稼ぎかとして、現地で懸命に働くプエルトリコからの移民たち、シャークス。(ジョージ・チャキリスはシャークスでした。)



我々は共に潰されようとしている、同じ立場にあるのに、お互いの意地やプライドや、わずかなテリトリーを巡って対立し、生きがい=生きる理由を見出すために傷つけ合いますが、


そんな事をしていたら、彼らに潰される前に犬死してしまいます。
それこそ人生は夢だったとでも言いたいのか。
知恵を出し合えば、建設的な何かができたかもしれないのに。


”Destroy=デストロイ”、という言葉を思い出します。
破壊されかかっていた世界が連帯して、そのベクトルを完全に止めるべき時です。


ページを報告する

コピーしました

コピーしました