LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

Follow

政治家と呼ばせる前に本物の議員になれること

LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

2021/01/08 22:23

Follow

【ポレポレ東中野。なぜ君は総理大臣になれないのか】

https://pole2.co.jp/showing/d890947e-cafd-43a9-92df-4e4fc9c15e19


大島氏、というインタビュアが、長年追い続けた四国の議員。

元官僚。民進党 →  希望の党 → 無所属。

前原氏側近のため、立憲民主党に行けず、立場上不利を被る。


民主党政治、よく知らなかった頃から、最近のことまで。

枝野氏を合併から逃した側の私には、悪いんだけど当時、

民進党に残る人々の事は頭に無かった。


前原氏と言うだけで終わっていたのに、神経がわからなかった。

小池百合子が馬鹿な事をしていて、これ以上醜悪な事などあり得なかった。


文字通り見向きもしなかった。


与党に対抗できるだの、選挙に強い小池人気にあやかるだの、

あれは築地を守ると言ったから湧いた人気だと言うのに、

彼女は有権者との約束をしれっとこともなげに破った。

それを恥じる事もなく、とんでもない自惚れだ。


都政と国政両方なんて出来るはずもない。

自分の力も測れない女に偉そうな事を言わせて

「なんだか、勝利の女神に見えてときめく」だって。。

そんな判断もできずに、民進党に残る人々は、

根本から何も見えていない証拠だ、と思うしかなかった。


でもこうやって、わかっていながらも悔し涙で苦しみながら

政党の人間ていうのは義理人情のかけていくのですね。


なぜなら義理人情を守る事を基本とするって、

それが、地元で有権者との約束を守るという事だから。


義理人情と仁義に美しい小川と玉木。武士道にも通じるが、

小池百合子の化けの皮、見抜けなかったのかなあ。


私達は築地問題をやっていたから、築地の人と大勢の庶民の心

を元に知事になりながら都民ファの為に公約を変えた時に彼女を見限った。


それに比べて百合子へなびく小沢一郎を振り切った山本太郎の凄さ。

彼は才能ある政治家なのだ。

彼のように強い信念の元、本能をその為に動員し、

勢力拡大の賭けに出ていけるのが「政治家」と呼ばれる人種だと思う。


主人公は本当に人として美しい。

不文律への認識も全く甘くない。大切なことだ。

出陣式で家族と共に、「悔し涙」という本音で挑む。

開票時に他の応援者と並んで座っている姿(写真)は

市民の純然たる代表者なのだとわかる。


痛いほどの誠意

「ありがとうございます」「すみません」に宿る本気度。

地元の人々の涙目。国民が政治に関心が薄いなんて嘘だ。


私は議員は全て「政治家」と呼ぶ必要を感じません。

まずは「議員」が「本物の議員」であることが難しい。


総理大臣なんて本当は微力だと思う。

総理を目指すより、一流の議員としての仲間を、超党派で増やしてほしい。


今すぐに。


政府の、官庁の統計の嘘に迫る。そりゃ嘘だろうよ。

あの気迫あふれる質疑が出来る元官僚を、心底、有り難く思うのです。 


だって現場の酷さを許せずに、彼は国家公務員の安定を捨てたんだ。

いてもたってもいられず。すごく決意のいる事だよね。


「政局の為の政治」は本質を突かない。

時には軌道修正の働きはできるかもしれないが人の野心が元だ。

だからこそ、石原慎太郎の成田に利入れの暴挙が官庁に降りた。

そのせいで法律違反を覆すのが政治家だと思っている人もいるのだ。


国会は多数決だ。

社長の椅子を全員が狙うなら、本質を外れた策略にはまる。

目の覚めた議員を増やすしか、方法がないのだ。

特に与党議員に分け入っていく必要がある。


党利党略より、急がなくてはならない事。

それこそ安藤議員と山本太郎、馬渕氏のように、です。


元官僚にしかできない仕事がある。

ぜひ、現実を語り合い、一緒に攻めていくための仲間を

国会議員の中に、同じく国政を糾すことのできる仲間を

増やしてください。


大急ぎで。今すぐにお願いします。


総理大臣になんかならなくっていい。

なぜ、それを理由の辞職なんか考えるのでしょう。


民衆にとっての政治は「権力争い」などではない。

民衆の知恵の出し合いであり、「最上の決断」を得る事です。

ページを報告する

コピーしました

コピーしました