LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

Follow

参院選に向けた、各党の動き(イメージ♫)まだあまり、取材していないんですが。。。

LUSH! クミチャンネル NEWS & INTERVIEW

2022/05/09 01:33

Follow

ゴールデン・ウイークは、いかがお過ごしでしたでしょうか??


今年は梅雨が早く来るかもしれません。今のうちに新緑を楽しまなくては!!


砧公園に行く時は誰と行くか?だいたい、家族のインコ(8羽+1)の誰かと行くことが多いです。この春は、末っ子の太郎ちゃん(♀)が3つの卵を抱くようになり、そのうちの1つから白っぽい子供が産まれました。


一人っ子なので栄養が十分で、しっかりして居たので、バスで連れ出して見ました。


あとは、5日には逗子に行って海で足をぴちゃぴちゃしました。いつもはJRからでしたが、この日は京浜急行で、浜の少し東寄りに行って見ました。


川縁を歩き、橋を渡り、オーガニックなカフェもあり。。。あ、ギターの露木達也さんのお家は、まさにこの辺だったかな?


東寄りの浜が、地元のお爺さんのおすすめでした。



その教えてくださったお爺さんのお家かもしれないですが、逗子の大きなドイツ風木組みの一軒家です。素晴らしいー羨ましい。


潮風にいつも浄化されて、芝生は緑が眩しくて。老夫婦が明るいお庭の手入れをしていたり、住んでみたくなるような場所でした。


私は昔から大きなお家に住みたくて、よく設計図を書いて居ました。母が良く、方眼紙で住宅の広告を見ながら間取り図を書いて居たんですね。その隣で、とてつもない大きな家を描いていました。


お家の中にスケートリンクがあったりする。。。。どんだけ大きなお家なんでしょうか。まるで、葡萄畑に囲まれたプーチンの館ですか!!笑!!


プーチン大統領、見栄のための軍事パレードなんてやってる場合でしょうかね?ウクライナを引き上げて、広大な森林の大火災に対処する方が先ではないですかね・・・。


ロシアの良識ある国民の方達の力が結集し、核のボタンを断線し、プーチン氏の権力を減じて行く手段を取っていただけるようにお願いしたい。



願わくば、大統領の座を引退させて欲しい。国際逮捕になるかどうかは、その後でいい。



あの戦争は、彼のプライドのための戦争である。イスラエル政府の背後にまわって、ユニオンと名付けた世界の5つの経済地域を監視社会で統制し、世界に自分の秩序を引くなど、本当に行き過ぎた征服欲であって、尋常ではない。


この計画が頓挫したことは大きな救いですが、国境を超えた悪巧みはまだまだ、プランにぶらさがっているでしょうし、この場合は隣国が残念なことにファシストの怒りの吐口にされてしまいました。


いくらなんでもひどすぎる爆撃です。何の言い訳も成り立たない。


彼の気持ちを考えろとか、馬鹿馬鹿しい事を語る必要はないと、リトアニアの女性首相は述べています。私もそう思っています。


地球の大陸の何分かの1を占める大国が、地球人としての原理に背き、地球上のあらゆる生命体を狂わせる放射性物質を振り回すのを、国民として「仕方がないよ」と眺めていてはいけない、そう思うんですね。


権力者を抑制する仕組みを作るのは、全てが焦土と化した後にしかできないことですか?私たちはそれほどまでにのんびりと過ごし、21世紀になっても過去の後悔を元に進化することができなかったのかと。残念じゃないですか。


まあ、我が国にも言えること、なのでその方法を探っていかなくてはなりませんよね。とにかく、暴力の言い訳として、嘘はいけませんね。



*************

さて、選挙戦は、GWの少し前から、各党スタートダッシュをきって居ます。ツイッターのタイムラインは候補者の宣伝でいっぱいです。


5月の強い紫外線の燦めく中、各党が参議院議員選挙の候補者紹介を熱心に行なって居ます。英語で選挙を「キャンペーン」と言いますが、まさにキャンペーンが展開されて、色とりどりですよ。


▲新党である参政党、昼の新宿街宣。何日も連続で行われました。ワクチンやマスクに反対できます。ボードメンバーは元から講演会を持つほどの有名識者ばかり。各々好きに持論を述べています。よく練られた既存野党政党の方々に比べて言論は脇甘、というか失言?迷言?も多いですが、聞いていてそれでスッキリする方もおられるのでしょう。議員を輩出できれば、今後は洗練されていくと思われます。一般人の立候補者は現時点で20名になったそうです。


▲れいわ新選組は、選挙を舞台に見立て、どのようなキャスティングをするかが、話題性として勝負だと思っているフシがあります。今回は音大卒が2名。政治家に癒着する音楽家は大抵、あまり内容が良くありませんが、音楽のような政治、政治は音楽のようなもの、というのはアリだと思っています。右の方は九州の福岡で立候補されたピアノの先生。なんて可愛かわいらしいんでしょうか。



さて、これは誰でしょう。

▲自民党で消費税減税のための検討チームを率いていたひとかどの人物、中小企業の味方、安藤裕さんは、このたびチャンネル桜の人達に担がれて、共同代表の立場で参院選東京選挙区に出馬します。積極財政大推進。野党の東京選挙区候補にとっても、人物としての力強さで考えると、とても手強い存在かも。
都庁記者会見▶️https://youtu.be/9Xemo83rdHY



▲同じ北海道出身、国民民主党も経由している大切な同胞、徳永えり議員の応援は2回目。この後は石川候補の案内で地元商工会に話を聞きに、夕方はSEALDsをはじめとする市民連合が押し上げた元福祉施設職員の池田まき議員の集会へ移動。徳永えり議員と田名部議員は共に農水の政策の担当。泉代表の実家も酪農に関するご商売であった為、一次産業への配慮も期待されます。


立憲民主党は、ゴールデンウイーク前の4月27日に間に合わせ、「野党第一党の経済政策」を発表しました。大きな柱として<生活安全保障>という言葉を挙げ、与党の<経済安全保障>に対抗しました。

これは、自民党が経団連の意向を組み、野党がそれ以外の労働者や生活者の意向を主張することで鬩ぎ合う構図をわかりやすく示したキャッチコピーと感じます。

▼オフィシャルHPより内容の解説はこちら



大項目は、
    1、物価高と戦う。 

          2、教育の無償化。 

               3、着実な安全保障。


ん、着実派である実務者泉執行部らしい打ち出しです。リンクを開けていただければより、はっきりと書かれていますが、内容的補足としては、次の通りです。

1番には、最低時給1500円家賃補助一万円、などの貧困対策や中小企業を助け、内需の拡大を図るため、消費税の減税が含まれます。これはれいわ新選組は共通の政策あり、選挙ではいざ知らず、議場では共闘出来ますね?

2番は、教育費を無償化することで生活にかかる費用を減らし、子育て世代の消費を拡大させようとするものです。また、これも、れいわ新選組は、議場で共闘出来ますね?また、子供の権利の確保については欧州の制度を真似て取り入れようとしています。

3番は、防衛費の増額を認めながらも、日本のアイディンティティによる抑制を利かせ「落ち着いた考え方による防衛体制構築」を念頭に、外交軍事にもきちんとした意見を示し、政権を担える野党第一党を真剣に目指して行くという表現です。


▼その日の写真や様子を取り込んだ筆者のnote記事です。
※この回は、発言の細部をクローズアップして、与党を律する立憲さんの働きを示したもので、文章の内容的には、経済政策の詳細を述べたものではございません。


実は、この「生活安全保障」という言葉、れいわ新選組を支援している「風花未来」さんというYoutuberが、ご自分の創作した言葉であると主張されています。風花未来さんは、少し体が不自由な方のようで、街宣場所などに直接現れることはありません。

当該動画リンク▶︎https://youtu.be/U28JDIAt1PM

自他ともに認める詩人であり、詩という抽象的なを通して、ガシガシした政治理論ではなく、人々の生活における悩みや理想を共有しながら、思いやりを持って分析し、山本太郎さんの活動に関わって行こうという姿勢を取る発信者で、とても優しい男性です。ブロガーという方法における生活者としては日本でも最初の方だとのことです。


音楽の世界でも、著作権やルーツについての言い争いは良くあるものですが、世界・世間の気分が、同時多発で同じものを別々の方の脳内に産んで行く、というのはあると、私は思っているんですね。それに、素敵な考えや素敵なフレーズが、一瞬にして伝播して行くのも良くあること。


私自身の活動も、大手メディアからの寄付は中々入りませんが、情報やフレーズをよく採用していただき、一定の影響力が出せるようになっています。なので、著作権争いのようなことは、むしろ、拡散を止めてしまうリスキーなものであると考え、後で大きな、果てしない感謝が、別のところからあなたに戻ってくるでしょう、という考え方を奨励しています。



風花未来さんはむしろ、れいわ新選組に先に採用して欲しかったのでしょう。

けれども、この言葉が、両党の架け橋になるかもしれず、現実、予算委員会の席もいただけたということで、全ての政策を同じくせずとも、ここぞ!という時のコラボレーションが可能になる下地作りに貢献したのではないか


山本太郎さんが地方で落としてきた考え方や言葉が、一般市民を通して地方自治体議員に届くと、それが斬新でエネルギーを伴った意見として地方議会や役所に多少反映され、それを地方議員を大切にして全国を回っていた泉健太さんのところにも要望として届いて政策に具体化されたと思われたので、これは歓迎すべきことと思い、私は今年は、立憲民主党のことも知り、関わり、両党の支持者の連絡に寄与して行こうと思った次第です。

泉政調会長時代の政策(政策2021)を読むと、れいわとの共通項が多いのは確かなんですね。地方議員の話をよく聞いてきて編んだのだな、という印象を受けています。新立憲の政策は、各項目かなり詳細で膨大で、意外と草の根的であり、細部まで具体策。つまり、市民運動家や実務者が必ず関わっていると言うことですね。信用性としては高いんじゃないでしょうか。


風花未来さんに連絡して、「これは、元から立憲の政策内容に共通項があるので、立憲民主党の若手や執行部にとって、風花未来さんは思いを同じくする方と見られているのではないでしょうか?もしも、彼らに”これはいいな!”と思われたのであれば、とてもいいことですよ。」と伝えました。



↑オフシャルHP ニュース記事から、青森の漁協との談話風景。農水委員会の田名部議員。漁業者も悩み尽きぬ状況。


立憲はおとなしくて叩かれやすいけど、権力者を抑制し、世界に大切な原理を問う名作<日本国憲法>。護憲の要となる政党として機能する大切な政党、だと思いますよ。誤ったイメージ操作に呆れて、意識の外に置いてしまうことのないようにした方がいいと思います。


幸い、SNSでは多くの情報を公開してくれる政党ですので、「みんなで考えましょ?」ってことでしょ。

     💘それ、いいんじゃない?
            🦉それ、違うんじゃない?
                  🔥そんな話、初めて聞いたけど?


野党第一党が、国民の操縦の下におけるように、庶民が頑張ってくっついていかないと、彼らも孤独の中で利権に捕まえられてしまいます。声をかけて、今はどんな事をやっているのかと話を聞き、野党同士、切磋琢磨して行きましょう。


山本太郎さんは子供の頃から国際政治ジャーナリストになる積りもあったとのことで、街頭ジャーナリズムの見事さは、国民の多くが認めています。とにかく、着眼点が鋭い。掘り起こす対象が見えている。報道の自由が損なわれている今の日本では、一般国民のみならず、多くのメディア人も、山本太郎さんの街宣動画を見ることは大きな情報収穫に繋がります。政党助成金を使ってジャーナリズムをやってくださっているのですから、これは利用しない手はありません。


秘書が操る、本人学習用兼、街宣説明用のスライドは、かつて5万枚だったのが、今はに及んでいるとか。2019年の参議院議員選挙では、自らお誘いした東大の安冨歩教授の、銀座での「MJスリラーのフラッシュモブ」があった事をご存知なかったという。。。。そのくらい、脳内活動に暇がない山本太郎元衆議院議員


▲神奈川街宣で、元緑の党共同代表の長谷川ういこ氏を全国比例の候補者として紹介。2011年からの原発廃炉と自然エネルギー隆盛を目指したシンポジウムからのご縁。松尾匡氏との繋がりも彼女企画の勉強会から。三宅洋平のこともあり、欧州で力を持つ緑の党と山本太郎の縁は深い。全国からの支援が期待できる。自らのルーツアイディンティティを強烈に裏付ける候補の登場ですね!


▲原発廃炉グリーンニューディールのまさに産みの親。主体的な活動をしてきた方だ。皆が尊敬できる候補です。


その鋭さと対照的に立憲民主党の議員の演説は、議論の末に配慮されたもの。与党との連絡から得られる考え方の情報も混じる面白さがあります。そして国会議員の仕事をオープンに紹介してくれる楽しさ。「へえー、そうなんや」という具合ですね。


▲この日、市民連合の集会に参加してきた西村幹事長。及び報道部コントローラ関田氏。
5/10 市民連合シンポジウム▶️https://youtu.be/g9qDkjPAk7M


実際、議員職として地方に根を張れば張るほど、問題や人々の痛みばかりが俎上に登ってくるわけで、そうすると決して楽な仕事と言うわけでは無いと思うのですが。。。それに、学生の頃から常に人助けのために走り回ってきた人が代表では、党員の皆さんはレジェンドであっても、議員職を名誉職と思って胡坐をかいて過ごすことは不可能でしょうね。


色々な事情や色々な人々の気持ち、都合、利権の仕組み、地団駄を踏みたくなるような現実、板挟み、こういったことが情報として踏まえられていることは、やっぱりとても貴重な事ではないでしょうか???俎上に出揃った材料を、様々な議員が様々な角度から料理していくこと、それが議論かな??


日本人として相応しい葛藤を十分に行ってくれる「議論のプロたち」、立憲民主党。 党内議論が活発な現在は、多種な民意を汲み上げた注意深い言葉遣いが見て取れます。葛藤の中から、正義を奮い起こす様子が見て取れる議員は、老若男女、どなたも美しい♫ ぜひ、細部に注力しながら、誰かのお話を丁寧に聞いて見ましょう♫ 


▲現在、広報部長は、逢坂誠二さんです!話やすそう!!優しそう!!


********

🍀

寄り添って書いた記事は、今だに人の役に立っておりまして、元から招き猫である私ですが、、、その評判が更に。。。お金は出ないものの、ある意味、存在感だけが引っ張りだこと言いましょうか???


普段から「寄り添い過ぎ」な書き手である私といたしましては、こりゃー首が回らなそうだなと見て、今回は選挙に引き込まれ過ぎないようにう気をつけて居ますが、、、魅力的な候補には勝てない・・・そのうち何か、書くとは思います。


参政党の神谷宗幣さんからも、人気爆上げ要素として、効果をお認めいただいているのか、ほとんど預言者としての扱いかも・・・・Twitterにちゃんと「いいね」などをいただいております。ありがとうございます。


まあ、でも繰り返しいいますが、イイねとリツイート程度ですよ。

ははは。創価が何を言ったって??


心良き方にとって、ワタシが招き猫であるのは、その通りです☘️故郷のミナスジェライス州で亡くなった、シルビオ・アナスタシオがそう言ったように。




話が逸れましたが、最近の話。。。GW。昼の連続新宿街宣、昼休みの時間が遅いため、いつも神谷さんが終わったあとに到着し、一回もお話を聞く機会を捕まえることができませんでしたが、相変わらず、喉を度々、枯らしておられるようですね。この日も。。。


▲左から松田学(元大蔵省ー財務省官僚。財務省の働きの良さをよく知る積極財政派。)吉野敏明(歯科医師。実家は東洋医療の大家で博学弁士)。赤尾由美(会社二代目社長。お父さんが有楽町街宣で有名)


パシフィコ横浜で行われた「イシキカイカクサミット」という名の総決起集会が、5月8日に行われたのですが入場料2万円でアーカイブ視聴も2万円。5000席がようやく満席とのことでおめでとうございます。


取材にいかれた畠山理仁さんが、20名の無名の立候補者の自己紹介と各々のスピーチを撮影してくださっているようですので、リンクします。

番組一覧▶︎https://ch.nicovideo.jp/hatakezo

当該動画▶︎https://www.nicovideo.jp/watch/so40440270


サイレントマジョリティが遂に、立ち上がったよなあ。。。感涙。


松田学さん、武田邦彦さん、吉野敏明さん、普段から追随すべき賢人として人気の先生方の力がそうであるように、結果を出せる精鋭様方の数名の当選は、やはりあった方がいい、と私も考えます。是非に最低3名の当選を望む。


また、5月11日(水曜日)には、第3回目の記者会見が行われましたが、オフィシャルチャンネルは、闇の植民化勢力によって数時間後に削除。いつもの事です。再び、出席されたフリーランスライター畠山理仁氏の撮影をリンク。(ちょっと音声が小さいですが)。現地点までの候補者や寄付の集まり具合、今後の方針や展望を発表しました。規模感が分かりますので、ご参考にされるといいと思います。

参政党記者会見5月11日撮影▶︎

記者からの質問では、改憲勢力か?と問われ、松田さんがNOと答えています。畠山さんの質問も思想等を確認するもので、興味深いですよ。尚、確かに神谷さんは以前、自民党時代に日本会議に関わっていた事があり、その考え方や内情をご存知のようですが、一から憲法を作り上げる創憲の考え。


また、集会で聞いたように、「一人500万円までは出します」との有言実行、供託金は一般党員からの立候補には全部出してあげているようです。活動資金についてはまだ計画未定とのことでした。


また、イシキカイカクサミット5/8は、総決起集会であり、政治資金パーティであったので、入場料も席によって10万円などとランクを設け、寄付できる方からはいただく、というやり方で、一晩で一億円集めてしまいました。更に、松田学氏が錬金術師なので、おそらく資金面は割と豊かになっていく模様です。


5/5に、山田正彦さんや印鑰智哉さんと信念の活動・分析を続ける、東大の鈴木宣弘教授が、参政党の番組に呼ばれました。殆ど、鈴木宣弘さんの好きに喋らせていますので、有用情報がたっぷりです。

農薬や遺伝子組み換えなど食の安全と医療の欺瞞に関して、選挙期間に於て、かなりはっきりした打ち出しをしているのが参政党さんです。普段からこういった事を警告してこられた吉野敏明さんや武田邦彦さんが居ますので。


新党は利権と無縁。これに目を背けるのは一様に売国政党。


アレルギーのお子さんを持つ親には、これを選挙の争点として考える事ができる。まさに深刻なのは、この植民地殺生スパイラル。ゲノム編集食物は原爆に等しいものであると、山田正彦先生はアメリカでとある大学教授に言われてきました。


立憲民主党では、川田龍平議員を中心に食の安全議連があり、彼自身はワクチン問題にも球を投げていますが、法案提出にはなかなか進展せず、苦しいジレンマの中にいます。野党第一党にも優先させるべき政策・法案があります。まさに、本気になっていただきたい。


元自民党市議会議員が多く流入している新党ですから、自民党と維新の票を割る勢力には違いないわけです。専門家が政策に意見を反映しやすいと言う利点はありますが、当選人数も、新党だと票数の割には合格できないので、たとえ数名当選しても、いきなり日本の防衛政策が急展開する事も無いと思います。心配せずに、言論開放区を皆で楽しんで眺め、新しい政党スタイルを研究してみてください。


今回、参政党が立ち上がる意義は、今回のキャンペーンや当選を通じてサイレントマジョリティと潜在的知性、元気な日本アイディンティティを揺り起こしすこと。



▲立ち姿が三島由紀夫に似ている❗という老齢のファンの方も居ました。


<<公式動画リンク>>

民営化という言葉は「私物化」!水道民営化について訊く【稲村公望】

https://youtu.be/vL-ZO1c7cDM

日本は核をどうする?ヤバい!核シェアリングとは?【赤尾由美×松田学】

https://youtu.be/PnWLZITJ3-4

今世界は情報戦を仕掛けている!日本はどう戦う?【吉野敏明×武田邦彦】

https://youtu.be/Pr11we-bE0M

自民党も、銀行も証券会社も騙されてる…!?国民経済vs世界経済の行方【松田学×武田邦彦】

https://youtu.be/Eh8OJu6c3js

日本だけにある権力と関係ない権威の存在【吉野敏明×武田邦彦】前編

https://youtu.be/05xTs3XoVWE

2千年間の重み、権威がある天皇!【吉野敏明×武田邦彦】後編

https://youtu.be/2Yt8WdX2MQ4

最近の参政党はどうですか!?矢作先生に聞いてみた!

https://youtu.be/6zG4vBqTMvE

自民党・公明党のの議席を少なくできれば、野党各党のの存在感も高まる!!

いざ、カマクラ!!

ページを報告する

コピーしました

コピーしました